鬱かなと思ったら診断してもらおう【病状がこじれる前に】

精神神経科を受診しよう

ハート

早期発見治療が大事です

鬱病に罹ると気分の落ち込みやイライラ、不安感などを強く感じたり、家事や仕事をうまくこなせないと自責の念を持ったり、マイナス思考に陥りがちになります。健康な人の場合は2、3日で回復することが多いですが、病気に罹ると3週間から4週間以上気分が優れず、部屋に閉じこもりがちになったり、人と会うのを避けたりするようになります。家族の変化に気付いたら、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診させることが大事です。完全個室で問診やカウンセリング、診察が受けられるので家族はなるべく付き添ってあげて下さい。患者から直接話を聞いたり、家族から話を聞いたりすることで、病気の診断が付くことが多いです。辛い症状が4週間以上続いており、気力や意欲が減退をしている場合は鬱の診断が付くことが多いです。病気が診断されると本人や家族も戸惑いを感じていますが、抗不安薬や抗うつ剤などを処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。鬱病は十分な休息や睡眠が必要な病気なので、症状が重い場合は一時的に入院が必要なケースもあります。鬱病の症状が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診する必要がありますが、精神神経科の病院やクリニックに通院をした経験のある人は抵抗を感じている人が多いです。精神神経科の病院は明るく清潔な雰囲気になっており、リラックスして話が出来る環境が整っています。家族が鬱病の可能性がある時は、説得をして通院をさせることが大事です。早い段階で病気が診断されると、回復を早めることも可能なので早期発見が大切です。病院やクリニックではカウンセリングなどの精神療法を行ったり、心理テストなどを行ったりすることもあります。病院やクリニックの医師は総合的に判断をして病気を診断することが多いです。最初から強い薬を処方することはないですし、薬が体質に合わない場合は調節をしてくれるので、安心して通院ができます。鬱病は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気なので、一時的にストレス環境から離れることも大事です。学業や仕事に影響が出ている場合は、休学や休職を勧めることも大事です。必ずしも入院は必要ではなく、通院のみの治療を受けている人も多いです。

Copyright© 2018 鬱かなと思ったら診断してもらおう【病状がこじれる前に】 All Rights Reserved.