鬱かなと思ったら診断してもらおう【病状がこじれる前に】

休業願いにも欠かせない

診察

通院先を見付けよう

単極性と双極性では同じ鬱病でも飲み薬などが違うため、適切な治療が受けられるよう、沢山の人が精神科の鬱診断を受けています。診断が下りれば治療も直ぐに開始してもらえますから、早期治療に取り掛かれるのも人気の理由です。鬱病もほかの病気と同じで、症状が軽いうちに治療を始めれば治りやすく、治療期間も短縮できます。また、自分が鬱病に罹っているのか結論を出し、早くスッキリしたいという方々にも、病院での診断が人気です。一方、重症化すれば会社で働くことも困難になりますが、その際も診断書の有無が休業願いの可否を左右します。医師の意見書が添えられていれば、就業が無理であることを表しますので、会社側も傷病休業を認めざるを得ません。ストレスの原因が職場にある場合は、会社から距離を置いて治療に専念することが何よりも重要なため、トラブルを防いでそれを可能にしてくれるのが魅力です。そのため、しっかり治して体調を整えてから、万全の状態で職場復帰したい場合も、精神科の鬱病診断が不可欠になっています。通いやすい病院を選ぶことは、鬱診断を受ける際の精神科選びでも、欠かせない条件です。先ずは立地に着目して、足を運びやすい精神科や心療内科を探すのが基本となります。もしも職場に伏せておきたい時は、会社から離れた場所にあるメンタルクリニックなどを選ぶと良いでしょう。そして、馬が合わない医師では通院自体が苦痛になるため、精神的に通いやすい病院を選ぶことも大切です。ドクターとの相性は味覚とも似ているため、渋いのが嫌いな人もいれば、渋みが大好きという人もいますから、他人の意見は参考程度に留め、自分の基準で判断しましょう。一方、診断後に鬱病の治療を行うなら、予約の入れやすい所を選ぶのもポイントです。同様に、待ち時間が少ないクリニックなど、足繁く通うことも考慮して、通院が億劫にならない治療先を選びましょう。また、鬱病の診断書だけが欲しい時は、発行手数料を基準に決めることも得策です。診断書の発行では保険が使えないため、料金は各医療機関で違いますから、事前に問い合わせておくと良いかもしれません。

Copyright© 2018 鬱かなと思ったら診断してもらおう【病状がこじれる前に】 All Rights Reserved.