鬱かなと思ったら診断してもらおう【病状がこじれる前に】

専門医の元で適切な治療を

男性医師

適切な診察が回復への近道

鬱などのこころの病は、外傷や明確な体調不良が表れにくいことから、専門家でなければ判断しにくい難しい病気の一つです。しかし、心療内科や精神科などの専門医の元で適切な治療を受ければ、症状が軽くなり、体調と相談しながらも健康な人と同じように日常生活を送ることが可能です。異様なストレスを感じて体の不調を感じたり、原因不明な体調不良が続いていたりする人は、心療内科などの専門医を受診し診断を受けることをおすすめします。鬱病の診断には、国際的なガイドラインを用いることがほとんどで、問診の中で当てはまる項目がいくつあるかによって病気の種類と程度が判断されます。例えば、「やる気が出なかったり、無気力になったりすることがある」や「理由もなく怒りっぽくなる」など、医師の元でたくさんの項目をチェックしていきます。それらが長期間続いているかどうかも診断のポイントなるため、「いつ頃からの症状か」や「最近、どのような出来事があったか」なども重要な判断材料と言えます。また、鬱以外にも、統合失調症やアルコール依存症など他の病気の可能性もあるため、あらゆる検査を受けて総合的に判断することが一般的です。鬱病などのこころの病は、自覚症状がなく周囲の人からの指摘で発覚することが多い、大変難しい病気の一つと言えます。病気であることがわからないまま、「何でできないのだろう」や「自分は怠けものだ」と自分自身を不甲斐なく感じて生活している人も多くいます。しかし、鬱病は脳内のホルモンバランスなどが原因で発症する、れっきとした病気であるため、心療内科や精神科を受診し、正しい診断を受けることが重要です。最近の医学の研究では、鬱病の症状を軽減させたり、回復に向かわせたりする抗うつ薬の開発が進んでおり、多くの患者が服用している現状があります。正しく服用すれば、仕事をしたり学校に通ったりすることも可能なため、鬱病の疑いがある人は専門の病院で診断を受けて薬を処方してもらうことが大切です。また、抗うつ薬は専門医のみが処方でき、副作用を気にしながら服用することが重要なため、病院での診断と診察が最も重要と言えます。さらに、病気であることが証明されれば、職場や学校で周囲の理解を得ることも可能なため、日常生活を送る上でも大変有効と言えます。こころの病は、周囲のサポートを受けることで症状が軽くなり、治療に専念することができるため、専門医の元で適切な診断を受けることは重要なことです。

Copyright© 2018 鬱かなと思ったら診断してもらおう【病状がこじれる前に】 All Rights Reserved.