鬱かなと思ったら診断してもらおう【病状がこじれる前に】

知っておきたい費用の話

男の人

極力本人が電話をしよう

自分が鬱病なのか正確に知りたい時は、精神科や心療内科で専門医に判断してもらう必要があります。鬱診断の費用は各病院で異なりますが、初診でも保険を使えば3千円ほどで済むのが一般的です。これは3割負担の料金のため、後期高齢者や自立支援制度の対象者なら、基本的に千円程度で受けられます。また医療機関によっては心電図など、各種検査が行われるため、費用が気になる場合は受診先に問い合わせておきましょう。さらに、現在では光トポグラフィー検査も保険が使えるようになり、鬱病鑑別診断の補助として注目を浴びています。鬱病と双極性障害、並びに統合失調症を一定の確率で識別でき、3割負担の保険なら4千円前後で可能です。ただし全ての医療施設で保険が使える訳ではないため、精神科によっては8千円程度や1万円前後掛かります。そのほか、申請手続きなどで鬱病診断書も欲しい時は文書作成料が別途必要になり、簡略式なら3千円前後で、複雑な形式の診断書ならおよそ5千円から6千円台が相場です。専門医に鬱病診断を申し込む場合、初診なら病院へ電話をして予約を入れますが、その時はできるだけ鬱診断を受ける本人が連絡しましょう。そして、鬱診断を受けたいことを告げますと、病状などを大抵質問されるため、自分が感じている鬱症状を伝えます。病変によっては医療機関側で対応できない場合があるので、その確認のために質問されるケースも少なくありません。病状と病院側の対応範囲が一致しており、受診可能と判断された場合は、予約日時を案内してくれます。予約可能枠を教えてくれますから、自分のスケジュールと照らし合わせて決定しましょう。また紹介状や、現在服用中の薬があり、お薬手帳をお持ちなら、そのことも電話で伝えておくとスムーズに話が進みます。基本的に鬱病診断の申し込みは以上で完了ですが、メンタルクリニックによっては、予約金の支払いが必要なケースもあるかもしれません。その場合は振込先を確認しておき、支払い期限までに入金を済ませておきましょう。そのほか、当日に窓口で料金を支払う際、クレジットカードを使いたい場合は、予約を入れる時にカードの利用可否を聞いておくと安心です。支払い方法が現金のみの病院も多いため、忘れずに確かめておきましょう。

Copyright© 2018 鬱かなと思ったら診断してもらおう【病状がこじれる前に】 All Rights Reserved.